豊島区 巣鴨さくらなみき皮膚科 かゆくておなやみの方 手荒れ(手湿疹)・汗疱(異汗性湿疹)

  • 巣鴨駅から徒歩1分
  • 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-5-12 真野ビル3F
  • インターネット予約のご案内はこちら
  • 0339171241
  • インターネット予約のご案内はこちら
  • 0339171241
  • シミ治療
  • ニキビ治療
  • テープをはらないシミ取り ピコレーザー(1cmまで17,000円)

手荒れ(手湿疹)・汗疱(異汗性湿疹)

手荒れ(手湿疹)・汗疱(異汗性湿疹)
日頃のお手入れで生活に支障のないように

水仕事や、紙を頻繁に扱う仕事をしていると、皮脂や角質が落ちてしまい、皮膚のバリア機能が弱まるため、刺激物に対して反応しやすくなり手荒れ(手湿疹)が起こります。

手の洗いすぎや手指消毒のアルコールスプレーなどをよく使うことで悪化する方も多いです。

子どもでもウィルス対策などでよく手を洗う時期に見られ、手の甲が赤くカサカサになり痛痒くなります。

大人では特に小児期にアトピー性皮膚炎があった方など、アレルギー体質の方に生じやすく、美容師、調理師、医療関係者など、悪化原因となる仕事を中止できない方は特に治りにくいことが多いです。利き手が悪化することが多く、次第に手指の皮膚がゴワゴワと厚く固くなり、キレツができると痛みがでることもあります。

通常の家事程度の水仕事の方でも、一度手荒れ(手湿疹)を起こすと治りにくく、市販のハンドクリームを塗ったり、ステロイド外用薬を使ったりして良くなってもすぐ再発してしまうことがあります。

特に冬場は乾燥し、指に亀裂ができると痛みを伴いつらいものです。 また爪の周りの炎症が続くと爪が変形してしまうこともあります。

一方、初夏のころや季節の変わり目に、手の指や手のひら、足のゆびや足の裏に小さな水ぶくれができ、皮がむける汗疱(異汗性湿疹)という疾患もあります。こちらも再発をくり返し、かゆみを伴うことがあります。水ぶくれや、めくれてきた皮をむしって悪化することがあります。 

手荒れ(手湿疹)と汗疱(異汗性湿疹)の両方を発症する方もいます。

巣鴨さくらなみき皮膚科での手荒れ(手湿疹)・汗疱(異汗性湿疹)の治療の柱は、外用療法です。

外用療法で改善しないかゆみの強い方には抗アレルギー薬などの内服や紫外線療法(エキシマライト)などを併用することもあります。

まず手を保護する環境づくりがとても大切です。

しっかり保湿をして皮膚を保護し、刺激から皮膚を守ります。慣れるまで大変ですが、手を洗うたびになるべくまめに塗ってください。 ヘパリン類似物質、亜鉛華軟膏、ワセリンや尿素クリームなどの中から症状に応じて選んでいきます。

炎症が強い場合はステロイド外用薬を使用していきますが、症状や炎症が続いている期間、今まで使ってきた外用剤の反応を見ながらステロイド外用薬の強さを変更していきます。皮膚が厚く固くなってしまった慢性型の手荒れ(手湿疹)は、かゆみがなくなってもすぐに外用をやめずに根気強く継続してください。

症状が強いところには亜鉛華軟膏などを重ね塗りして保護をする治療もあり、ひと手間かかりますが効果的です。 亀裂のところにはテープを貼る治療もあります。

手荒れ(手湿疹)が長引き、強いステロイド外用薬を使い続けていることで皮膚が薄くなり、指紋が見えにくくなることもあります。強いステロイド外用薬を使っても痛みやかゆみがおさまらない方では、ステロイドを弱めたり、非ステロイド外用薬に変更したりすることで改善がみられることもあります。

また、手湿疹でカラーリング剤やラテックスなどの化学物質が悪化因子になったり、汗疱(異汗性湿疹)で金属アレルギーが原因になったりすることもあり、その際はパッチテストなどで判定をして治療していきます。

「手荒れ(手湿疹)・汗疱(異汗性湿疹)の方は」手を保護するために下記のような生活改善を心掛け、仕事や日常生活に支障のないようにするのが重要です。

  • 水仕事の時は短時間でもこまめに必ず手袋をするようにしましょう。ゴム手袋を使用する時は、ゴムの刺激から皮膚を守るために、その下に薄い木綿の手袋をしてください。
  • 水仕事で使うお湯の温度を上げすぎないようにして、体温よりやや低い温度に保つように注意しましょう。
  • 石けん、シャンプー、ボディソープ、ハンドソープなどは低刺激性のものを選んでください。
  • 水仕事の後や、手を洗った後、入浴後などはすぐにこまめにハンドクリームを塗るのはとても大切です。
  • 肌寒い日や乾燥している日はハンドクリームを塗った上に手袋をして外出するようにしましょう。
  • どんなに忙しくても夜寝る時には保湿剤や外用薬をたっぷりと手に塗ってから寝るようにしてください。できれば木綿や絹の手袋をすると効果的です。
  • 爪の切り方に気を付け、切りすぎないように気をつけてください。
  • 自分で皮をむしらないようにしましょう。皮がめくれてきた時は、よく切れる小さなハサミで皮が立ち上がっているところから切ってください。その後に処方された薬を塗りましょう。むしった皮のまわりの皮膚まで悪化させないように気をつけてください。
問診票 ご来院の前に記入してお持ちいただけます