豊島区 巣鴨さくらなみき皮膚科 巻き爪、陥入爪

巣鴨さくらなみき皮膚科

  • 巣鴨駅から徒歩1分
  • 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-5-12 真野ビル3F
  • インターネット予約のご案内はこちら
  • 0339171241
  • インターネット予約のご案内はこちら
  • 0339171241
  • シミ治療
  • ニキビ治療

巻き爪、陥入爪

巻き爪、陥入爪

巻き爪、陥入爪
爪を切りすぎないように気を付けて

巻き爪とは、爪の先端部が、大きく内側に湾曲した状態を言います。また、爪が指の肉に食い込んで強い痛みが生じたり、爪の周りにジュクジュクした肉芽が盛り上がったりした状態を陥入爪と言います。
爪が肉にくい込みそうになると、爪を短く切りたくなりますが、切ってしまうと、もりあがった肉の部分に爪が入り込み、炎症や痛みを引き起こすようになります。
パンプスや安全靴をはく職業の方では、一度陥入爪になると繰り返すことが多くつらいものです。
またスポーツや登山をされる方や足の指をぶつけた後などでは、2枚爪になったり厚くなったりして爪が前に進まなくなり痛みが出ることもあります。

巻き爪の痛みから足をかばおうとして、いつもとは違う歩き方をしていると足首や膝、腰にも負担がかかり、捻挫や膝痛、腰痛の原因になることもあります。

巣鴨さくらなみき皮膚科の院長も陥入爪の経験者でいろいろな施術法を試してきました。

おひとりおひとりの症状、爪の状態、足や指の形、ご年齢、ご希望に応じて最適な方法で施術を行っていきますので、お気軽にご相談下さい。

受診される前はマニキュアなどを落とし、なるべく爪を切る前にご来院ください。爪白癬、カンジダ症の方は真菌治療を優先することがあります。

巣鴨さくらなみき皮膚科では、テーピング法コットン法部分抜爪法フェノール法(以上保険診療)、BSスパンゲ法超弾性ワイヤー法(マチワイヤー法)VHO法SH式(そがわ式)ワイヤー法(以上自費診療)などを行っております。症状、爪の状態、ご年齢、ご希望、生活習慣などに応じて選択していきます。

テーピング法
引っ張りながら貼る
爪が強く食い込んでいない方やじっとしていられない小さなお子様に使われることが多い方法です。爪のそばの皮膚に伸縮性のあるテープを貼り、食い込んだ爪とその横の肉の部分を離してすき間を作っていきます。
テープは爪には貼らないようにしてください。テープがはがれて来たらご自身で貼り替えていただきます。軟膏を塗ってからテープを貼るとはがれやすくなりますのでご注意ください。
コットン法と合わせて行うことも多いです。
コットン法
爪とその横の肉の間にコットンを少しずつ入れて隙間を作っていく方法です。爪が強く食い込んでいない方や長時間じっとしていられないお子様などによく用います。
コットンを継続して入れていくと症状が改善し痛みがなくなることもあります。また他の方法と同時に行うこともあります。
部分抜爪法
局所麻酔をかけた後に、食い込んでいるトゲのように刺さった爪の一部を切りとる方法です。爪のトゲが深く刺さってしまい、そのまわりの肉が盛り上がって肉芽を作り、炎症が強い時などに行われます。
フェノール法
局所麻酔をした後に、爪の端を縦に切り、爪を作る爪母をフェノールで腐食させることで爪を細くする方法です。幅の広い重症の陥入爪などで行われます。治療後に年月が経つと生えてくる爪が変形することもあり、特に1つの爪の両側を治療すると爪が細くなりすぎて支えにくくなることもあります。
BSスパンゲ法
爪の上に弾性力のあるプラスチックの板を装着し、その弾性力を利用して巻きすぎた爪を平らにしていく方法です。爪の上に貼るだけですので、爪や皮膚を傷つけることがありません。痛みや刺激が少なく、様々な年齢の方に装着することができます。
装着する板は半透明で目立ちにくく、その上からネイルカラーを塗ることもできます。ただしジェルネイルの利用はさけてください。
見た目を重視する方以外に、爪が薄く柔らかくてワイヤーがかけられない方や、ワイヤーをこわがる爪の薄いお子様の巻き爪におすすめの施術法です。
矯正力はやや弱いため、継続して施術をしていく必要があります。
爪の凹凸が多い方には施術できません。また、爪が厚くて固い方や、カーブが強い方にはあまり効果が認められません。
巣鴨さくらなみき皮膚科院長はBSスパンゲ講習を修了し、当院は取扱店として承認されております。
施術名 料金 (全て税別)
BSスパンゲ 1枚 ¥7,000
超弾性ワイヤー法(マチワイヤー法)
超弾性ワイヤー(マチワイヤー)を使用し、湾曲した巻き爪を徐々に広げ、矯正していく方法です。爪の先の白い部分に穴を開けた後、形状記憶合金のワイヤー(超弾性ワイヤー)を通す比較的簡単な方法です。ワイヤーの装着自体は数分で完了します。
爪の先端が食い込んでいる方では、ワイヤーを装着した時から痛みが改善することが多く、装着した当日から多くの方は入浴も可能です。その他の日常生活上の制限もほとんどありません。ただし、爪の先端がのびて来たら4~8週毎にワイヤーを入れ替える必要があります。また、爪の先端がある程度のびていないと施術できません。爪の先を長く保つ必要があるためひっかけたりしないように注意が必要です。
また爪が薄くもろい方では穴を開けたときに爪が割れることがあります。爪の根本の巻きが強い方ではあまり効果が認められません。MRIを撮影する前には除去する必要があります。固めの爪で、爪先端の白い部分が伸びて食い込んでいる方におすすめの施術法です。
施術名 料金 (全て税別)
ワイヤー法 1趾 ¥5,000
VHO法
巣鴨さくらなみき皮膚科院長は(3TO)VHO ライセンスを取得しております。
巻き爪(陥入爪)でお悩みの方は、爪を切りすぎて深爪になっていることが多く、ある程度爪が伸びるまで前記の超弾性ワイヤー法(マチワイヤー法)が行えないことがよくあります。しかし、VHO法なら、爪の横にある溝に掛ける方法なので、深爪になっていてもワイヤーによる矯正が可能です。また、ワイヤー自体をそれぞれの爪の形に合わせて形成できるため、いろいろな形・幅の爪に対応できます。
その場でワイヤーを形成し、巻いている爪を広げていくので、痛みが緩和されることが多いです。爪自体に損傷を与えることが無く、爪に優しい衛生的な矯正ができます。ただし矯正力があまり強くなく、高度の巻き爪には対応しにくい欠点があります。
また、ワイヤーが爪に固定される部位が両わきの1点ずつになっているため、薄い爪の方やもろい爪の方には適さないことがあります。
MRIを撮影する際には除去する必要があります。
施術名 料金 (全て税別)
VHO法 1趾 ¥10,000
SH式(そがわ式)ワイヤー法
弾力のあるワイヤーの一方の先端を爪の形にあわせてフック型に加工して爪の横の溝に装着し、もう一方の先端を爪の表面に樹脂で固定することで巻き爪を矯正していく施術法です。2012年に十川秀夫先生がご考案されました。
爪の横の部分にワイヤーをかけるため、先端が伸びていない深爪になってしまった短い爪でも矯正が可能です。またワイヤーを装着している最中も必要以上に爪を長くのばす必要がありません。
超弾性ワイヤー(マチワイヤー)では爪がかけてしまいがちな薄くてもろい爪の方でも施術できることがあります。
おひとりずつの爪の形や厚さにあわせてワイヤーの太さを選び加工していくため、矯正力が強く、高度の巻き爪や根元の方が強く巻いている爪にも対応することができます。
技術的にやや難しく、装着するのに時間を要しますが、先端の伸びていない爪や高度な巻き爪には第一選択の施術法です。
陥入の程度が強い場合は施術時に痛みを伴うことがありますが、多くの場合、痛みを感じずに施術することが可能です。
施術後数日間は爪が上がっていく違和感を感じることがあります。肉芽を形成した陥入爪の方は施術後コットン法の併用が必要になります。
足を出す体位が取れない方では施術が困難なことがあります。またMRI撮影の前には除去する必要があります。
施術名 料金 (全て税別)
そがわ式 軽度から中等度
 ワイヤー1本矯正(1指につき) 8000円
 ワイヤー2本矯正(1指につき) 10000円
やや高度(巻きの角度が90度まで) +2000円
高度(巻きの角度が90度以上) +4000円


お問合せ先はコチラ!

お問合せ先はコチラ!

問診票 ご来院の前に記入してお持ちいただけます