豊島区 巣鴨さくらなみき皮膚科 美容皮膚科 女性医師 シミ しわ いぼ

巣鴨さくらなみき皮膚科

  • 巣鴨駅から徒歩1分
  • 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨2-5-12 真野ビル3F
  • インターネット予約のご案内はこちら
  • 0339171241
  • インターネット予約のご案内はこちら
  • 0339171241
  • シミ治療

美容皮膚科について

皮膚科専門医が肌の悩みを解決

美容皮膚科は、肌を「美しくととのえる」診療科です。
シミやくすみ、にきびあとなどをはじめとする肌の悩みを解決し、さらに美しく変わりたい、若返りたい(アンチエイジング)というご要望にお応えすることを目的にしています。
当院の美容皮膚科では皮膚科専門医が、まず症状を診断し、医学的なエビデンス(科学的な根拠)に基づいた治療を行いますので、安心して受診していただけます。
当院の診療メニューは、全て院長が自分で試した上で効果を実感したもののみを選んでおります。また効果を実感してご継続いただくために、比較的お手頃な料金設定となっております。
無理におすすめするようなことは一切ありませんので、年齢性別にかかわらずお気軽にご相談ください。

お悩み別

施術内容

シミ

シミといっても、皮膚の表面にできる老人性色素斑やそばかす(雀卵斑)、深いところにできる後天性真皮メラノーシス、また他にも肝斑や炎症後色素沈着などさまざまなものが混在し、診断が難しいものもあります。
まずは治療を始める前にじっくりと診察し、どのようなシミかを診断します。
個々のシミの色調や大きさ、輪郭、色むらなどを見ると同時に、どの部位にどの程度あるのか、反対側にはないかなど観察し、時には白目の色調や口の中の様子も見せていただくことがあります。
当院のシミ治療では、ご希望によりいくつかの治療を組み合わせ、より良い状態にしていくコンビネーション治療を行っていきます。シミの状態や皮膚の乾燥の程度、生来の皮膚の色調や皮脂の分泌の様子などを観察し、ご年齢や季節による紫外線や乾燥の程度に応じて、その時々にふさわしい治療を組み合わせていきます。まず皮膚の状態を整えてから積極的な治療を組み合わせていくことで、より仕上がりの良い状態にしていくことができます。
いずれの治療も紫外線の影響を避けていただくため、治療の前後で日焼け止めを継続して外用する必要があります。

くすみ

くすみとは、医学用語ではありませんが、「肌に透明感が無く、明るさやツヤが感じられない状態」と考えられます。
くすみにはいくつものタイプがあり、タイプに応じて治療法が変わってきます。
下記のような治療法のなかから、くすみのタイプや性状に応じて、いずれかの方法を選択します。

にきび・にきびあと

にきびの治療では、新しい外用薬などが開発されて保険内治療で改善することも多くなってきましたが、外用薬が使えない方、保険内治療では改善しない方、少しでも早く治したい方、にきびあと(瘢痕)の治療をご希望される方に保険外治療を行っています。
にきびのできやすい肌を一度の治療で改善することは難しいですが、ピーリング、エレクトロポレーション、レーザー治療などを繰り返していくことで、肌のターンオーバーが促進され、硬くなった皮膚がやわらかくなり、次第に赤にきびが減り、瘢痕ができにくくなっていきます。
また瘢痕になってしまった部位にはフラクショナルレーザーなどを組み合わせて治療を行っていきます。

毛穴の開き・黒ずみ

しわ、小じわ

ほくろ

盛り上がったほくろは、手術やCO2レーザーで除去することが可能です。小さいほくろの場合はレーザーの方が出血が少なく、術後の縫合や抜糸の必要もありません。
治療前にまず悪性の可能性がないかをダーモスコピーを使って診断します。良性と診断されたら、局所麻酔の注射をしてからレーザーで削って除去していきます。除去したあとは陥凹していますが、次第に戻り、しばらくの間赤みが残ります。術後はしばらくテープを貼っていただき、遮光にも気をつけて生活してください。
ほくろの細胞が真皮の深いところまで達していると、除去してもしばらくしてから再発することがあります。その場合は再度除去します。
大きいほくろの場合は、局所麻酔下に皮膚を切って縫い合わせる手術の方が適することもあります。レーザー治療と比べ、手術の方がむしろ治療跡が残らず、きれいで目立たないことがあります。
また悪性の可能性がある時は、病理検査での診断が必要となるため手術で切除します。

肝斑

肝斑とは、頬や額、鼻の下などに左右対称に、ほぼ同じ形・大きさでできる薄茶色のシミのことです。肝斑は、妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけに生じることがあるため、女性ホルモンとの関係性が指摘されています。また、日光や精神的なストレスによってホルモンバランスが崩れることが影響する場合もあるほか、過度のマッサージなどの物理的な刺激でも悪化することもあります。
肝斑は、シミの中でも治療が難しく、遮光に気を付けながら、内服薬、外用薬を中心に、ピーリング、エレクトロポレーション、高濃度ビタミンC点滴、プラセンタ治療などを組み合わせて治療していきます。

毛細血管拡張症・血管腫

医療レーザー脱毛

女性型脱毛症(女性の薄毛)

女性型脱毛症(女性の薄毛)のタイプ

女性の脱毛症にはいくつかのタイプがあります。
妊娠中から出産後のホルモン変動によって一時的にヘアサイクルが変化するために起こる分娩後脱毛症をはじめ、頭の広範囲の毛が抜けて薄くなるびまん性脱毛症(女性型脱毛症)は比較的よく見られます。
皮脂の過剰な分泌によって頭皮に炎症が生じてしまい、その結果起きてしまう脂漏性脱毛症や、フケ皮脂が毛穴の出口を塞ぐことで、毛穴の中に脂が溜まってしまい起きる粃糠性脱毛症、また、まとめ髪などのヘアスタイルを長い間続け、引っ張られている状態が続くことによって起こる牽引性脱毛症などもあります。
治療にあたっては、どのタイプかを見極めることが必要になります。

女性型脱毛症(女性の薄毛)の治療法

女性の薄毛の原因には、ヘアケア商品(シャンプー、トリートメント、カラーリングなど)による頭皮トラブル、出産後および更年期障害等によるホルモンバランスの変化などがあると言われています。ストレス、ダイエット、不規則な生活による悪化も考えられます。
びまん性脱毛症(女性型脱毛症)や出産後の分娩後脱毛症(産後の薄毛)などの症状を改善する治療法として女性型脱毛症用内服薬の服用が行われます。 また、びまん性脱毛症(女性型脱毛症)にはミノキシジル外用剤も使用されます。

男性型脱毛症(AGA)

男性の薄毛は、「男性型脱毛症」(AGA:androgenetic alopecia)、通称「薄毛症」と呼ばれ、思春期以降に始まって徐々に進行する男性では最もよく見られる脱毛症です。前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなり、最終的には頭の生え際が後退し、頭頂部の毛髪が失われることが特徴で、日本の成人男性の4人に1人くらいが薄毛症と言われます。薄毛症は、遺伝や男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れなどが主な原因と考えられています。
薄毛症は進行性の脱毛症であり、何もせずに放っておくと、毛髪の数は次第に減っていきますので、気になる時は早めのケアが大切です。

治療薬について

当院では、「フィナステリド」や新薬「デュタステリド」を使用し、男性型脱毛症(AGA)の治療を行います。

お問合せ先はコチラ!

お問合せ先はコチラ!

問診票 ご来院の前に記入してお持ちいただけます